magaminの雑記ブログ

カテゴリ:中国思想 > 王陽明

王陽明は明代の新儒教の思想家て、形骸化した朱子学を再編成しようとした人だ。「論語」「孟子」というラインを強調することで中国の近世を強力に持ち上げた。日本にも多大な影響を及ぼして、例えば大塩平八郎とかは完全に陽明学者だった。

「聖人、学んで至るべし」

別に勉強して東大に入れという意味ではない。

孟子の「我も人なり、舜も人なり」という気迫の言説を変換しているんだね。学んだからといって、どういう理屈で舜のような聖人になれるのか。素朴な質問に王陽明は答える。

「聖人の聖たるゆえんは、ただそれその心。天理に純にして、人欲に雑じる無きのみ。なお精金の精たるゆえんは、ただその成色足りて、銅鉛の雑じり無きをもってのごとし」

出た! 精金(純金)の例え。

純金に価値があるように、人欲を排した「天理に純」な心に価値があるという。

天理とは何か、というのはこの暑い中考える必要はない。

「聖人の才力は、また大小の同じからざるもの有ること、なお金の分量に軽重あるがごとし。

尭(ぎょう)、舜はなお1万オンスのごとく、文王、孔子はなお9千オンスのごとく、禹(う)、湯(とう)、武王はなお7,8千オンスのごとく、伯夷(はくい)、伊尹 (いいん) はなお4,5千オンスのごとし。才力は同じからざるも、天理に純なること同じければ、みなこれを聖人と言うべし」

尭、舜は伝説の聖王コンビだけあって1万オンスか。孔子はさすがだね、うん9千オンス。伊尹って誰だったっけ? 

いやいや、こういう重量比べをしてはいけない。純金であればみな聖人。

「凡人といえども、あえて学ぶことをなし天理に純ならしむれば、すなわちまた聖人となるべし。なお1オンスの金の1万オンスに比ぶれば、分量は懸絶すといえども、その足色に至る所はもって恥ずること無かるべきがごとし。故に、人は皆もって尭、舜となるべし」

論理は循環した。聖人とは、心に抱える黄金の量によってではなく、質によって決定される。まったくすがすがしいまでの意思の哲学だ。


関連記事



関連記事/ 
底辺会社の現実1 底辺会社の現実2 底辺会社の現実3 底辺会社の現実4
底辺会社の現実5 底辺会社の現実6 底辺会社の現実7.......底辺会社の現実ラスト




かに!カニ!蟹!<美味いカニの専門店> カニの浜海道





伝習録 (中公クラシックス) [ 王陽明 ]
伝習録 (中公クラシックス) [ 王陽明 ]



王陽明は明代の新儒教の思想家て、形骸化した朱子学を再編成しようとした人だ。「論語」「孟子」というラインを強調することで中国の近世を強力に持ち上げた。日本にも多大な影響を及ぼして、例えば大塩平八郎とかは完全に陽明学者だった。

もうこんな解説はいらないか。
とにかく暑くて融けそうなんだよね。
融けるな、融けるな。腹に力を入れろ。
「伝習録」よ、私のミゾオチに力を与えたまえ。

「聖人、学んで至るべし」

別に勉強して東大に入れという意味ではない。
孟子の「我も人なり、舜も人なり」という気迫の言説を変換しているんだね。学んだからといって、どういう理屈で舜のような聖人になれるのか。素朴な質問に王陽明は答える。

「聖人の聖たるゆえんは、ただそれその心。天理に純にして、人欲に雑じる無きのみ。なお精金の精たるゆえんは、ただその成色足りて、銅鉛の雑じり無きをもってのごとし」

出た! 精金(純金)の例え。
純金に価値があるように、人欲を排した「天理に純」な心に価値があるという。
天理とは何か、というのはこの暑い中考える必要はない。

「聖人の才力は、また大小の同じからざるもの有ること、なお金の分量に軽重あるがごとし。
「尭(ぎょう)、舜はなお1万オンスのごとく、文王、孔子はなお9千オンスのごとく、禹(う)、湯(とう)、武王はなお7,8千オンスのごとく、伯夷(はくい)、伊尹 (いいん) はなお4,5千オンスのごとし。才力は同じからざるも、天理に純なること同じければ、みなこれを聖人と言うべし」

  尭、舜は伝説の聖王コンビだけあって1万オンスか。孔子はさすがだね、うん9千オンス。伊尹って誰だったっけ? 
いやいや、こういう重量比べをしてはいけない。純金であればみな聖人。

「凡人といえども、あえて学ぶことをなし天理に純ならしむれば、すなわちまた聖人となるべし。なお1オンスの金の1万オンスに比ぶれば、分量は懸絶すといえども、その足色に至る所はもって恥ずること無かるべきがごとし。故に、人は皆もって尭、舜となるべし」

論理は循環した。聖人とは、心に抱える黄金の量によってではなく、質によって決定される。まったくすがすがしいまでの意思の哲学だ。
意思の哲学。そう、気合いだよ気合い。

王陽明の陽明学は明らかに日本の近代を貫いていると思う。陽明学を一言で言い表すなら、                                                                                      「おまえはおまえの戦場へ行け」                                                                                                                そういうことだと思う。陽明学のすごいところは、切り詰めて言えば、この世界に生まれたのなら戦う場所が与えられているはずだという前提のあることだ。                                                                                                                 江戸末期、儒学というのは庶民の間にも広く浸透していた。高杉晋作が功山寺挙兵の後、農民を兵隊として募集したところ、一夜にして3000人が集まったという。第二次長州征伐で長州においては祖国防衛戦争の様相を呈した。こうなったら長州が防長2国しかないといっても負けようがないだろう。                                                                                             長州をここまで押し上げたものが、陽明学に基礎を持つ一君万民思想だろう。明治国家は、この一君万民思想を裏切った。だから大正維新とか昭和維新とか何度でも革命が起こる。テロが法律で禁止されているからと言ったって、何の意味もないんだよ。結局満州事変、二二六事件、太平洋戦争となって、最後は総力戦体制となった。「おまえはおまえの戦場へ行け」という言葉通りになった。                                                                                                         あれから70年たっても、この言説は生きている。何故働くのか、何故結婚するのか、何故子供を育てるのか、突き詰めて考えればそれは私たちが戦っているからだと思うよ。

相沢三郎という人物をご存知だろうか。

相沢三郎中佐は、昭和10年単身で陸軍省の建物に乗り込み、軍務局長の永田鉄山を日本刀で斬殺。犯行時に指を切ったので陸軍省の医務室で手当てを受けているところを、憲兵に連行されようとして、

「私はこれから台湾に赴任しなくてはならないから」

と答えたという。

普通に考えれば、頭のおかしいヤツによる殺人事件ということになります。しかし、相沢中佐は頭が狂っていたのでしょうか。

王陽明の「伝習録」読んでいる時に、私は相沢三郎の事ばかりを思い出しました。

陽明学は社会に参加するということを重視します。隠者の生活を拒否し、善意によって社会に働きかける事を推奨します。
陽明学は人間の本質を善であると設定し、その善を曇らせるような小市民のモラルを断固拒否します。
陽明学はその善の質を重視して、量というのは問題にしません。質として純金でさえあれば直ちに聖人と合一てきるのですから。
陽明学は日々の節制によって、自分の中にある善をさらけ出して、その善を直感で把握します。

これ、全部相沢三郎そのものではないでしょうか。

相沢三郎は昭和10年時、すでに45歳です。ロートルで口数も少なく、45歳で中佐ということは、そう頭が切れるというわけでもないでしょう。皇道派の若手からすれば、尊敬すべき先輩ではあっても、それ以上の人物ではなかったでしょう。

しかし、その相沢がやってくれました。歴史に残る「相沢事件」というやつを。後に二二六事件を起こした将校達は、相沢三郎を陽明学で言う「純金」として認識したと思います。私でさえそう思ったのですから、間違いないです。

相沢が夏の暑い日に陸軍省の廊下を歩く時の足音、軍務局長の部屋へ続く扉のノブを右いっぱいまで回したときの感触、扉を引いた時のかすかな軋み。


全てが眼前で繰り広げられているような。




イギリスの産業革命に必然性はない、となると、べつに西洋資本主義でなくてもかまわないわけです。論語資本主義でも、仏教資本主義でも、もちろん陽明学資本主義でもいいわけです。

陽明学とはなんなのか。王陽明の伝習録を読んでみました。

陽明学は儒教の一種です。儒教というのは、真理の追求というのが目的ではなく、万人における人格の完成というのが目的なのです。もちろん陽明学も。ですから、王陽明も弟子によって語る論理が変わってくるのです。陽明学とは何か、ということを知りたければ、王陽明が弟子達に語った語録から、そのエッセンスのようなものを忖度しなくてはならないのです。

西洋哲学になれたものからすると、メンドクサイですね。

陽明学は、まず人間の本質を「善」であると確信します。しかし多くの人がその「善」を発揮させる事ができない。それはなぜかというと、日常生活を送っているうちに、あれが善であるとかこれが悪であるとか刷り込まれてしまい、人間固有の真実善が覆い隠されてしまうからなのです。その真実善を発現させるためには、小市民的なモラルを振り払う必要があるのです。

謙虚な気持ちなる事によって振り払えるモラルもあるでしょう。日々緊張感を持つことによって振り払えるモラルもあるでしょう。いろいろな訓練をすることによって、小市民的なモラルの霧が晴れてきたならば、それはチャンスです。直感という人間に与えられた武器によって、「真実善」を手に入れるのです。

小市民的なモラルを振り払おうとするあなたは、周りの人間から胡散臭い目で見られます。
あたりまえですよね。
しかし、狂者にこそ、小市民のモラルではなく自分自身のモラルを掴むチャンスがあるわけです。


日本史において、この陽明学を体現した人物がいます。

その人物の事を語るのは次の機会に。


このページのトップヘ