magaminの雑記ブログ

2016年05月


資産合計 35,011,728 円


富士通とかアドバンテストに踏まれて、空売り評価損が200万を越えてきています。体感的には粘れそうな感じなのですが。来月に期待です。

アメリカの大統領が広島を訪問というのは歴史的な感じがします。20世紀には考えられないことですよね。感動的ではあるのですが、アメリカの打算というのもあると思います。中国の経済が巨大になって、日本が無条件にアメリカを支持するという基礎的条件が薄くなってきていると思います。日本が中国寄りになるということは将来的には十分ありえると思います。
中国が嫌いという日本人はかなりいると思いますが、そもそも何故彼らは中国嫌いなのでしょうか。日清戦争において日本が勝ちました。あの日清戦争以来、日本の中に中国を馬鹿にするというカテゴリーが生まれました。確かに、近代において中国はいつも頼りなかった。ところが21世紀に入って中国経済は急成長です。すでに中国のGDPは日本の3倍です。もう日本が張り合えるレベルではない。今まで中国を馬鹿にしていた日本人は、その巨大さに恐怖しているというわけです。ただ単に日本は自分の都合で他者を恐怖しているにすぎない。

大東亜戦争において日本はアメリカとも中国とも戦いましたが、この二つの国が日本に取った態度というものはどうだったのでしょうか。アメリカはほぼ勝敗が決まっているにもかかわらず原爆を落としてきました、それも2つ。こんなことをいうとなんなのですが、アジア人に対する蔑視というのはあったでしょうね。中国は戦後捕虜にした日本人を全て日本に返してくれましたよ。罪を憎んで人を憎まずということを蒋介石は言っていました。
中国とアメリカのどちらが信頼できる国かと日本人が判断しなくてはいけなくなった時、近い将来現状の好悪のメーターが逆に振れるというこも十分ありえると思います。アメリカにはそのことが分かっているのでしょうね。何故分かっているのかというのがまた嫌なところではあるのでしょうが。

要は商品販売のお手伝いをする事で収入がもらえる仕組みです。
一度サイトに広告を設置しておけばサイトが24時間365日営業をしてくれますので、サイトに自動販売機を設置するようなイメージです。
無料で設置できる自動販売機を自分のサイトやブログに設置して好きな商品を販売できる感じですね。
設置する広告にはそれぞれ自分用のIDのようなものが含まれていて誰のどのサイトでクリックされて成果が上がったのか?という事が計測できるようになってます。
アフィリエイトのメリットは沢山あるのですが、簡単にまとめると次の4つになります。
始めるのに資金がほとんど必要ない
商品の在庫を持つ必要がない
サイトが自分の代わりに24時間365日営業してくれる
全国どこの人もお客さんにする事が可能
前述したようにサイト(ブログ)に「自動販売機」を設置して集客する事ができればブログが24時間営業でせっせと商品を販売してくれます。。
すでにサイトを持っているなら資金も必要なく始める事ができるのもメリットです。




アフィリエイト広告は大きく分けて「クリック保証型(クリック報酬型)」と「成果報酬型」の2種類があります。
成果報酬型
Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなどで扱っている商品はもちろん、旅行・ホテルの予約サービスの利用、クレジットカードの申し込みなど、あらゆるジャンルの商品やサービスがアフィリエイトできます。
それぞれ紹介する商品やサービスで報酬の単価などは違ってきますが、1件で数円のものから1件で1万円を超えるような案件もあります。
成果報酬型の場合は商品の購入やサービスの利用によって成果が上がるタイプです。
1件あたりの報酬単価の高い商品で売れるようになるとすぐに月10万円くらいは超えたりします。
クリック保証型(クリック報酬型)
クリック保証型の広告は単価自体は低いですが、広告をクリックされた数に応じて報酬がもらえます。
クリック保証型の広告は一度サイトに設置しておけば訪問者に合わせた広告が自動で表示されるようになっているのが特徴です。
ゲーム好きの方が訪問したらゲーム関連の広告が表示され、アフィリエイトの事ばかり検索している方が訪問したらアフィリエイト関連の広告が表示される感じです。
という事で広告が自動で切り替わるので色々なジャンルを扱っているブログや訪問者の多いサイトにはクリック保証型がおすすめです。
クリック保証型のサービスは「Googleアドセンス」や「忍者admax」などがあります。




最後の言葉だけは自分のために取っておく。

昔からそれだけを思う。自分を失わないための方法は、結局殺されても譲らないという狂気にも似た孤独な覚悟に行き着く。これは恐ろしい話でね。能力が足りなければ絶叫したとしても誰も相手にしてくれないという状況までありえる。

恐ろしい結末が待っていたとしても、最後の言葉を失っては生きる意味がないなんていうことは誰にとっても当たり前だと思っていた。でもそうじゃないのかなと思って。他の人はもっと弱いのかなと思って。

わたしの知り合いに、若いころ付き合っていた女性がバイク事故で死んじゃったっていう男がいる。そいつはその事故から20年たった今でも独身だ。彼女の事が忘れられないらしい。
これは呪いだろう。最後の言葉を自分のためにとって置かないで、彼女と共有してしまったのだろう。互いが互いの胸を掘りくずした。彼は20年たった今でも彼女の夢を見るのか。

弱い、弱すぎる。最後の言葉を失った人間に語りかける言葉はない。

残酷なようだけれども、残酷なのはお互い様だから。

まず、「アフィリエイト」は、Webサイトやメルマガに広告を載せて、そのリンクを通して商品が売れたら、広告主が報酬を支払う仕組みのことです。
ただし、これだけでは初めて聞いた方はイメージしにくいと思いますので、具体例を挙げながら説明していきます。
例えば、あなたが運営しているWebサイトにある広告を載せたとします。ユーザーが検索エンジンを通じてあなたのWebサイトを訪れました。
そのユーザーが広告の商品を購入した場合、広告主から報酬が支払われるのです。
紹介できるものは、Amazonや楽天などの商品やホテルの予約、引っ越しの見積もりなど、様々な商品やサービスを紹介することができます。
もう少し簡単に言うと、「別の人が作成した商品や販売している商品を、代わりにあなたが販売する」ということです。
そして、そのお礼として報酬が支払われます。



無料ブログの場合は、初めからアクセス元を用意してくれています。また、ドメイン自体も強いため、最初から多少のアクセスを集めることはあまり難しくはありません。
一方、WordPressの場合は、最初はドメインパワーが強くないため、アクセスを集めるためには一定の時間が掛かります。
また、アクセスをより効率的に集めるためにTwitterやFacebookなどのSNSもうまく活用する必要があります。
アフィリエイトを始めるためにプログラミングスキルは不要
続いて、アフィリエイトを始めるために、特別なプログラミングスキルなどは必要ありません。
パソコン初心者の方でも、インターネットの使い方を理解していて、ネットが使える環境ならば、誰でも簡単に始めることができます。
また、古いパソコンなどでも、セキュリティ対策さえしっかりできていれば、問題ありません。ただし、文章力と粘り強さは必要となると思われます。




資産合計 35,414,395 円


現物-15万で信用-15万って、今日も調子がよくありませんでした。指数自体は水平飛行が続くのですが、自分の資産はぎりぎり削られていっています。指数は下だと思うのです。日経平均が大きく下がってくれれば、さすがの富士通や光通信やアドバンテストも下がってくれるのではないかな。こんなのも希望的な観測であって、論理的な必然性みたいなものがあるわけではないです。まあ、直感ですね。

人間の苦難の道を2つに集約して、ヴォリンガーは示す。

はるか原始において、人間は世界の中に投げ出されてあった。その起源において、人間は世界に対して恐怖しただろう。
そんな恐怖に満ちた世界からどのように抜け出すか。洗練された言い方をするなら自らの世界観とリアルな世界とをどのように一致させるか、ということが問題になってくるだろう。

自らの世界観とリアルな世界とをどのように一致させるか?

これは結構な難問だ。現代人といえども簡単に失敗する。「二次元の女の子は俺の嫁」とか言っているのも失敗の典型だろう。

歴史上さまざまな努力があったと思う。この人間の苦難の道を2つに集約して、ヴォリンガーは示す。人格主義と個人主義。現代においても、人格主義というのは多数派だと思う。人格主義というのは要するに自分の中の合理的な考えと世界の中の合理的なあり方を一致させようということである。円満な人格を持ったものが理想の世界観を得るという。ヨーロッパで言えば古典主義。東洋で言えば孔孟、朱子学というのもこの人格主義だろう。この人格主義の欠点を言うなら、「つまらない」ということ。あまりの凡庸さに、油断すると生きることの意味を見失ってしまうということもかなりの確率でありえる。

もう一つの道、個人主義。ヨーロッパで言えばゴシック。東洋で言えばなんだろうか、陽明学か。個人主義の起源は、世界が自分の中にもあると考えること。これだけだと分かりにくいかもしれないのだが、世界存在のミニチュア版みたいなものが自分の精神の中にも存在すると考えることと言えば少しは分かりやすくなったか。個人主義は神秘主義として始まる。神秘主義を現代的に言えばロマン主義ということだろう。

ここまでの論理を日本の近代に当てはめてみる。明治国家というのは人格主義だったと思う。美濃部達吉が提唱した天皇機関説は、明治国家を有機的な統一体とみなすことで、日本国家の人格主義を標榜している。これに対して明治国家にもマイナーながら個人主義の流れはあった。昭和期個人主義の代表的な人物は、石原莞爾、井上日召、北一輝、ということになるだろう。神秘主義とは個人主義から出発しながら、直ちに個性を否定せよと教える。自分の中にミニチュアの世界を認識した刹那、自分を世界と合一させようとする。北一輝が個人主義から出発して、日本改造法案大綱の歴史的なものを書いた後、結局晩年北一輝が法華経を唱えてばかりいたのは、この神秘主義の一つの必然だったのだろうと思う。

お名前.com





資産合計 35,729,662 円


空売りしている銘柄がことごとく上昇して、160万も持ち上げられてしまっています。アドバンテストとか富士通とかソフトバンクとかやる気なしの大型株なんてここから上がりっこないと思って空売りしたら、指数は横ばいなのにビックリするぐらい踏んでしまっているのです。

間違った流れの中に取り残されてしまっているのでしょうか。例えば、ダメ銘柄を売って先物を買っているようないるとして、そいつらが日本市場から撤退しているとか。妄想だったりしますかね。

先月の日銀政策決定会合当日に空売りを始めて、最初は予想が当たったと喜んでいたのですが、だんだん踏まれてしまって、相場って甘くないですね。


資産合計 36,671,857 円


私の父親というのは青物市場を経営していた。20年ほど前に父親が死んだとき、遺産とかあるだろうと思って会社の資産とか調べたのだが、まったくのすっからかんだったね。
私も46歳になって、死んだ父親の歳に近くなってきた。そして彼はどのように考え感じて生きていたのかと考えることがある。

正直な話、たいして何も考えてはいなかっただろうなとは思う。顔はイケメンだったが、性格は無口で気弱な人で。外側から彼を観察すれば、イケメンで無口で気弱で我慢強いという、息子としてもそれ以上付け加えようもない人間だったのだけれど。

でも内側から彼を考えてみようと思って。

父親は人生について語ったりとか全くなかった。語ることと言えば、野菜の値段ばかりだった。彼が何を考えているのかは当時の私にも分かったけれども、何が彼をそう考えさせたのかということは未だに分からない。彼の世界に感情移入するための何かのとっかかりみたいなものが、20年たってほとんどない。

途中から彼を知る者には、結局彼の全てを知ることがきわめて難しいということか。私はそれが恐ろしい。


資産合計 37,042,252 円

マザーズだってあの下げだし、日経平均ですらチョイ下げなのに私が空売りしている6702とか6857とか9984とかは上げてしまっているのです。
信用枠が-46万で現物が-59万の、今日はダブルパンチウンターゲーエンでした。

現物買いの信用売りで、トータルとして現状悪くないポジショニングだと思ってはいるのですが、この体制で1日に100万以上やられるとちょっとへこみます。


資産合計 38,095,086 円


今日6412、6417、6702、6857、9984を200万越づつ空売りしています。調子に乗って売りすぎたのではないかとちょっと思います。現状空売りが3900万というのでは、なんだかまたまた勝負みたいになってきました。本当にこんな博打みたいなことからは遠ざからなくてはいけないとは思うのですが、ついやってしまうのです。

下だと思うのです。ここからあげるとなると、私の日本経済に対する認識を上方修正しなくてはいけないだろうことになるでしょう。

このページのトップヘ