magaminの雑記ブログ

梶井基次郎の「Kの昇天」は、K君が海で溺死した理由を「私」があれこれ考える、という内容の短編小説です。

ストーリーを追いながら、ゆっくり「Kの昇天」を読んでいきましょう。


譛�, 豬キ, 貅€譛�, 蜈峨・蜿榊ー�, 譛亥・, 蜿榊ー�, 豕�

【Kの昇天を読む】


私が夜の浜辺を散歩している時に、私は奇妙な人を見つけます。その人は満月を背にして、うつむきながら前に進んだり後ずさりしたり立ち止まったりしていました。私は思い切って声を掛けました。これが私とK君との出会いでした。

私がK君に最初に抱いた印象は、

「のっぺらぼう」

というものでした。

K君が浜辺で何をしていたのかというと、月の光でつくられた自分の影を見ていたそうです。
本文にこうあります。

『影をじーっと視凝みつめておると、そのなかにだんだん生物の相があらわれて来る。ほかでもない自分自身の姿なのだが。それは電燈の光線のようなものでは駄目だ。月の光が一番いい。』

K君は奇妙なことを言い出しました。さらにこうかぶせてきます。

『影の自分は彼自身の人格を持ちはじめ、それにつれてこちらの自分はだんだん気持がはるかになって、ある瞬間から月へ向かって、スースーッと昇って行く。それはなんとも言えぬ気持で、昇天してゆくのです。』

月の光によってできる影に自分というものが移って、肉体という重しを失った自分は月に登っていくだろう、ということになるでしょう。
そしてK君は、この月への昇天にいつも失敗しているとも告白します。

k君は影にこだわります。

『ちょうど太陽の光の反射のなかへ漕ぎ入った船を見たとき、
「あの逆光線の船は完全に影絵じゃありませんか」
 と突然私に反問しました。』

もう一つ、K君の思い出話。

『「私が高等学校の寄宿舎にいたとき、よその部屋でしたが、一人美少年がいましてね、それが机に向かっている姿を誰が描いたのか、部屋の壁へ、電燈で写したシルウェットですね。その上を墨でなすって描いてあるのです。それがとてもヴィヴィッドでしてね、私はよくその部屋へ行ったものです」』

K君が溺死して、私は、

「K君は月へ登ってしまったのだ」

と感じます。

これで「Kの昇天」という話はだいたい終わりです。


【解釈】


この小説の解釈なのですが、K君は私のドッペルゲンガーである、とか、K君とは梶井基次郎自身の意味である、とか考えてしまうと、少し小説を読者視点に引き付けすぎだと思います。梶井基次郎の小説のいいところは、病という倦怠のなかにあってもチリチリと燃える生きる意志が垣間見えるところであって、あまり無理な読解をする必要もないでしょう。

この小説はファンタジーを読むような感じで接すれば、かなり楽しめます。



関連記事






梶井基次郎の「桜の樹の下には」は、「桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!」という出だしで始まります。
なぜ梶井基次郎はいきなり、桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!」などと言い出したのか。結論から言うと、梶井基次郎はある出来事によって生と死はつながっているというインスピレーションを得て、そのインスピレーションを桜に応用した、ということです。

この考えを基本にして、「桜の樹の下には」を読んでみましょう。

繝悶Ν繝シ繝, 闃ア, 縺シ縺九@, 譯懊・闃ア, 繧ッ繝ュ繝シ繧コ 繧「繝・・, 繧ォ繝ゥ繝輔Ν縺ァ縺�, 讀咲黄

桜の樹の下には屍体したいが埋まっている!】



桜の樹の下には」の最初のほうに、このようにあります。

『桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった』

いったい梶井基次郎に二三日前、何があったのか。
彼は渓谷を歩いていたのです。するとウスバカゲロウの大群が上空に登っていくのが見えました。
「ほう、美しい」
と感嘆して、ふと下を見ると、大量のウスバカゲロウの死骸が水面に浮いていました。この出来事で、彼は生と死はつながっている、というインスピレーションを得たのでしょう。

実際にはこのように書かれています。

何万匹とも数の知れない、薄羽かげろうの屍体だったのだ。隙間なく水の面を被っている、そこが、産卵を終わった彼らの墓場だったのだ。
 俺はそれを見たとき、胸がかれるような気がした。墓場をあばいて屍体をこのむ変質者のような残忍なよろこびを俺は味わった。』

しかし桜の美しさを生の結果としても、ではその美は何の死とつながっているのか?

そこで彼が思い出したのが「安全剃刀の刃」
です。
家にあるいろいろな物の中で、彼にとってなぜか安全剃刀の刃はなぜか存在感がある。桜の存在感と安全剃刀の刃の存在感は同じ子ではないのかと彼は考えます。

実際にはこのように書かれています。

安全剃刀の刃なんぞが、千里眼のように思い浮かんで来るのか――おまえはそれがわからないと言ったが――それもこれもやっぱり同じようなことにちがいない。』

そして急に、ああそうだと、桜の樹の下には屍体したいが埋まっているんだと思うに至ります。

この辺は論理の飛躍みたいなものがあるので、少し言葉を埋めてみたいと思います。

死というものが、美しさを感じる気持ちや恐怖感につながっている。そして美や恐怖は桜や安全剃刀の刃のような物に結実するのです。
普通は桜や安全剃刀の刃が、美しいと思う感情や恐怖感を引き起こすと考えるのですが、梶井基次郎は、この常識を逆転して、美しいと思う感情や恐怖感が桜や安全剃刀の刃という物質に結実する、というわけです。

「桜の樹の下には」の最期のほうでこのようにあります。

――おまえはわきの下をいているね。冷汗が出るのか。それは俺も同じことだ。何もそれを不愉快がることはない。べたべたとまるで精液のようだと思ってごらん。それで俺達の憂鬱は完成するのだ。』

これは分かりにくいところでしょうが、これまでの論考に準じて考えると、
わきの汗というのは、恐怖感を抱いたときにかくものではなく、死につながっている恐怖感が汗という 物質に結実していると。だからその物は汗である必要性はなく、精液でもかまわないだろう?
という程度の意味だと思います。

そしてこの短編の最期の部分である

今こそ俺は、あの桜の樹の下で酒宴をひらいている村人たちと同じ権利で、花見の酒がめそうな気がする。』

というのは、美しさというのを頭で考えていたのでは、美そのものに到達することは出来ない、ということでしょう。


関連記事





男の未婚という問題は、日本の中産階級の没落の結果でしょう。


無題


時代にも惰性というのはありまして、現状は上記の赤インの状態にありながら、実際の需要は青ラインのような二こぶ状態にあるということが推測できます。

現在日本の中産階級は、左の貧しい大きな山に移行するか、右の豊かな小さな山に移行するかの選択に迫られているということになるでしょう。現状において左の山に移行してしまうと、男の場合、女性を囲うことができなくなり、ただちに未婚という再生産不可能性の状況に転落してしまうことになります。

左の山に入っても半分の男は結婚できるのでは? と思われるかもしれませんが、五割の再生産レベルでは世代が三回転もすると9割が消滅してしまいます。

生き残りをかけで、現代日本では熾烈な言論闘争が行われています。政治的主張別にそれぞれの言論の根拠を推測していきましょう。






1 左翼リベラルの場合


彼らは失われつつある中産階級を再興しようともがいているのでしょう。自分が右の豊かな山に移行するのを潔しとしないと同時に、左の貧しい山に移行するのを恐れているのです。


2 ネット右翼の場合


ネット右翼には中小企業の経営者が多いと言われています。彼らはあくの強い守銭奴だと考えられがちなのですが、従業員の生活の維持にも責任を感じています。彼らの命である自分の会社の継続は、従業員の生活維持の延長線上にあるということを理解しています。
中小企業に未婚男性が多いという事実は、労働者再生産の不可能性の証明であり、自分の会社の継続不可能性の証明なのです。
この大きな継続不可能性の解消の方法として、一部の中小企業経営者は国家のより強固な一体性を期待するようになっているでしょう。


3 意識高い系の場合


彼らはとにかく右の富裕の山にたどり着こうとする人たちです。このような人は新自由主義的な言説を標榜します。

新自由主義的言説というのは、簡単に言えば「自己責任論」です。

ただ自己責任論を明確に標榜するのは、いまだ功成り名を成したとは言い切れない人たちです。完全に成り上がった人は何も言いませんから。
インフルエンサーといわれる人たちは、いまだ日本社会で確固とした地位を築いているわけではないですから、自己責任論というり自己努力論を主張します。努力すれば私たちのようにインフルエンサーになれるんだよ、というような言説です。
現実としては、インフルエンサーは努力のみでそのささやかな地位を築いたわけではありません。必ずどこかに幸運の「バズリ」があったはずです。バズリをてこの起点に今のポジションを得ていることは本人が一番自覚しているでしょう。
彼らの本心は、自分が逃げ切るであろうまで持ち上げてくれるであろう継続的バズリへの期待です。



【自らの永続性への願い】


様々な政治的立場の人たちが、自らの永続性への願いを込めて、様々に主張しています。
そして主張の結果は、上にあげた図の青の二こぶのラインに集約されていくしょう。

中産階級が崩壊したあとの日本にはどのような社会体制が立ち現れるのか、というのは非常に興味深い事象です。

その世界は現代の価値観からすれば、ある意味デストピアみたいなことになると思われますが、その辺の考察はまた次の機会にでも。


関連記事




自己肯定感が低いというのは、自分が周りの人に比べて劣っているとか、いろんなことをうまくできない自分が何だか恥ずかしいとか、そのような意味だと思います。



「フリー画像 イラスト」の画像検索結果



【恥ずかしいとは?】


「恥ずかしい」とは、あるべき自分と現在ある自分とのギャップから発生する感情でしょう。

ああー、自分は彼らのような立場にいるべきなのに、今のような境遇に甘んじている。彼らに比べたら自分はダメだ、恥ずかしいと。

例えば、自分はかつて有名大学に通っていたとします。ところが途中でドロップアウトして、今ではトラックの運転手をしていると。
今の職業が自分にふさわしくないと思っているなら、大学の友達の前に出れば、自分を恥ずかしいと思うでしょう。
ところが、今の職業は自分に合っていると考えているなら、恥ずかしいとは思わないです。

自己肯定感が低いとは、今の自分とあるべき自分との間にかなりのギャップがあるということで、自分が分裂している状態では、一体性という幸せな状態に至ることは出来ません。

一体性こそが幸せなのです。
おいしいものを食べることが幸せなのは、おいしいものと一体になれるからです。
彼女がいるのが幸せなのは、好きな女性と一体になれるからです。

あるべき自分と今の自分が分裂している自己肯定感の低い状態は、ただちに不幸であると言えます。ですから、自己肯定感が低いから不幸なのではなく、自己肯定感の低さは、ただちに不幸であるということになります。


【自己肯定感の低さの解消】


自己肯定感の低さの解消というのは原理的には簡単です。あるべき自分という幻想を放棄して、今ある自分に自分を統一すればいいのです。

でもこれは、言うは易し行うは難し、です。そんなことは無理だろうと言われるでしょう。


【彼の場合】


有名大学に行って、トラックドライバーをしている彼の場合で考えてみましょうか。

彼はどうすれば救われるか。救われるパターンを考えてみましょう。

そもそも彼はなぜ有名大学に入れたのでしょうか? 
それは高校時代に勉強ができたからです。なぜ勉強ができたのかというと、ただ単にやってみたらできたからです。数学なんかもある程度までなのですが、パッと分かってしまうのです。学校に行くのはダルかったのですが、テストの時にやる気がないからといって、分かる問題を白紙回答するなんてありえないです。

テストでいい点数を取っていたら、君はこの大学だねと学校側から割り振られて、それなりに頑張ったら大学合格したという。
大学というのは、行っても行かなくてもいいわけで、やる気のない彼は大学に行かなくなりました。ただ無職だと食べて行かれないので、トラックの運転を始めるようになったら、何だか意外と居心地がよくて10年20年たってしまいました。

労働者の人って意外といい人たちなんですよね。給料日前、同僚に1万円を貸してくれと言われます。お金を貸すということはお金をあげるのと同じことだと、世知辛い世の中では教えられるわけです。彼もお金は帰ってこなくてもしょうがない、というつもりで1万円を渡します。ところが給料日当日、同僚は一万円を返しながら、

「ありがとね、これうちのカミさんが作った焼き豚」

と言いながら、なんだか味の濃そうなパック入りの焼き豚を差し出してきます。
みんなで助け合って生きているんだなー、と彼は感じます。
彼にとっては、気取った一流大学よりも、味の濃い焼き豚のほうが何だかほっとするのです。


このような話を考えた場合、あるべき自分を放棄して、今ある自分に自分を統一するということは全く無理ということはないです。


【歴史】


自分にあるべき自分を期待しているだろう人たちは、なぜそんな期待をしているのかというと、彼らも周りからあるべき自分の達成を期待されているからです。

壮大な循環になっています。

いつからそんなことになってしまったのかというと、歴史的にみれば、農民身分の上層部分は西南戦争後、農民身分の中層部分は第一次大戦後ぐらいから、そして下層階級まで一億総中流と言い出したのは昭和40年ぐらいでしょうか。

あるべき自分と今ある自分とのギャップというのは何らかの真理というものではなく、単に歴史的条件にすぎません。

自己肯定感の低さの解消というのは、全く無理というものではないと思います。



ニーチェの「曙光」には、小言説が575ある。これらは別に体系になっているわけではなく、ニーチェの様々な思いつきの断片みたいなもので、全てを理解できるなどという構造にはなっていない。

150年前のドイツの価値観の相対化を目指す言説群であるから、理解できない言説部分があってもしょうがないとは思う。一番いいのは、多くの人が智恵を持ち寄って、ニーチェの言説の理解できる部分をそれぞれが競いながら分かりやすく提示するということだと思うけれど、なかなか難しいかな。
  
「曙光」の575の言説では、私にとって理解しやすいものもあれば、全く意味不明のものもある。そこて゛、私がギリギリで理解できたニーチェ「曙光」の言説を解説する。   

「曙光 188 陶酔と養育」   

この言説は、「民衆というものはひどく欺かれる。彼らはいつも欺くものを、つまりその感覚を興奮させる酒を求めるからである」 とはじまる。現代アメリカのトランプなんていうのもそうだけれども、ドイツではナチスという強力な雄蜂があらわれた。民衆は欺かれたと言えるけれども、民衆が強い酒を求めた結果とも言えるだろう。  
                     
ポピュリズム。
   
何故このような結果になってしまったのか。ニーチェは意外にもこのように言う。 

「養育よりも陶酔が重要であると考えるこの俗衆的な趣味は、決して俗衆の胸の奥で起こったものではない」   

ではポピュリズムという堕落はどこから来たのか?  

ニーチェはこのように言う。  

「それはむしろ、そこに選ばれそこに植え付けられ、そしてそこでか辛うじて残り、そして豊かに芽を出したのである。それは最高の知性の持ち主たちにその起源をもち、何千年も長く彼らの間で花盛りであったのであるが、民衆は、この立派な雑草がなおも繁茂することの出来る最後の未開地である」 

 ニーチェの言う何千年前かの最高の知性とは、まあはっきり言えばプラトンのことだろう。ニーチェの皮肉だね。プラトンの強力な言説が、何千年かの時を経て近代ヨーロッパ世界をここまで持ち上げたとするならどうだろう。西洋は全くの無から、世界を圧倒したところの近代以降のあの力を得たわけではないだろう?  
ニーチェのその言説を、私なりの言葉を押し込んで再現してみる。 

プラトンにによって選ばれ植えつけられ、そしてヨーロッパ中世の間に辛うじて残り、そして近代において西洋文明はその芽をだした。そして民衆の陶酔とは、その文明の最後の段階で繁茂するものである」  

はるか古代、プラトンの渾身の言説が、何千年かの時を経て、世界を持ち上げ一つの文明をつくる。ニーチェはそれを相対化して、文明の衰退を予言する。  

すばらしい。  

関連記事







 坂口安吾「不連続殺人事件」は昭和23年発表。

坂口安吾には長島萃(あつむ)という友人がいた。長島は何度か自殺未遂を繰り返し、昭和8年に脳炎にかかりそのまま発狂して死亡した。
坂口安吾は昭和9年発表の「長島の死」でこう書いてある。

『私は彼のように「追いつめられた」男を想像によってさえ知ることができないように思う。その意味では、あの男の存在はわたしの想像力を超越した真に稀な現実であった。もっとも何事にそうまで「追いつめられた」かというと、そういう私にもハッキリとは分からないが恐らくあの男のかんする限りの全ての内部的な外部的な諸関係において、その全部に「追いつめられて」いたのだろうと思う』

全てに追いつめられる男とはなんなのだろうか。おそらく現代の精神医学では何らかの病名はつくだろう。ただ病名がついたからといって追いつめられる要素が一つ増えるだけの話で、全てに追いつめられていることには変わりがないだろう。

長島は何に追いつめられたのか?ということを純文学で読みたかったが、坂口安吾は「全てに追いつめられる男」を推理小説で表現した。それがこの「不連続殺人事件」だと思う。

ここからはネタバレ注意です。長島萃から見た不連続殺人事件のあらすじを書きます。

金持ちのボンボンである文学青年一馬(長島萃)は、ピカ一という画家からその美しい妻であるあやかさんを奪い取る。しかしそもそもこれが罠。ピカ一とあやかはぐるになって、一馬の妹2人と父親と一馬本人をこの順番で殺し、一馬の遺産を根こそぎ貰おうという作戦。
戦後すぐの夏、一馬の田舎の屋敷で一馬の文学仲間が避暑に集まることになった。どさくさにまぎれて、あやかはピカ一を含め何人か関係のない人間にも招待状を出した。
最初に殺されたのは望月という文学者である。望月が殺された時、あやかは一馬と一緒にいた。夫婦だからあやかのアリバイにはならないが、これで数馬は妻のあやかは犯人ではないと確信した。望月はピカ一に殺されたのだが、これは一馬にあやかだけは犯人ではないと思わせるためだけの殺人であった。この後、一馬の妹2人と父親がピカ一とあやかに交互に殺される。もちろんピカ一とあやかは誰の前でも犬猿の仲を装っている。二人がつながっていることは誰にも分からない。
最後の仕上げだ。あやかは一馬に二人の寝室で毒入りの水を飲ませる。一馬はその水を飲んだ。あやかだけは犯人ではないと確信していた。自分を確信させるために、愛する妻のあやかが人一人殺したとは想像できかった。一馬は死んで、あやかは一馬の死を自殺だと証言した。
しかしここで名探偵登場というわけです。

不連続殺人事件の中で、一馬は策略によって全てのものに追いつめられて最後に殺される。何故、一馬すなわち長島が死ななくてはならなかったのかということは、現実よりも一次元下がった推理小説だから私たちにも理解できた。しかし現実の世界の死というのは本当のところ、理解できないところが残る。
私は中学2年の時にクラスメートが、24歳の時に同年代のいとこが自殺したが、彼彼女が何故自殺したのかは最後のところで分からない。ただ私としては生き残ったもののひけめのようなものがあるだけだ。

犯人と被害者の恋人がグルというところが「ナイルに死す」と同じですね。

関連記事



このページのトップヘ